西部戦線の英軍重砲
ベルギーの村の被害
廃墟を活用した通信壕
上 西部戦線の英軍重砲
中 ベルギーの村の被害
下 廃墟を活用した通信壕
(『欧州大戦写真帖』より)
 

カイゼン視点から見る

第一次世界大戦


A Review on World War I from Kaizen Aspect

第一次世界大戦の参考図書・資料

第一次世界大戦の
戦史 (個別)

航行中の英艦隊
英軍の戦車
米軍の毒ガス対策
上 航行中の英艦隊
中 英軍の戦車
下 米軍の毒ガス対策
(『欧州大戦写真帳』より)
 
サイトトップ 主題と構成大戦が開戦に至った経緯
第一次大戦の経過
第一次大戦の総括日本が戦った第一次大戦日本が学ばなかった教訓
参考図書・資料映像・写真資料 文学作品 欧州大戦の 参考図書・資料第一次大戦の 総合的記述 @ 第一次大戦の 総合的記述 A第一次大戦の 開戦の経緯第一次大戦の 戦史 (全史)第一次大戦の 戦史 (個別)第一次大戦の 戦史 (ハート)第一次大戦の 影響・結末日本の大戦の参考図書・資料

カイゼン視点から見る日清戦争


第一次世界大戦の戦史 (個別)

第一次世界大戦の戦史、すなわち軍事的側面に限って記述しているもののうち、個別ないし特定時期の作戦を対象としているものについてです。

筆者の関心の持ち方の結果、とくに「シュリーフェン計画」を対象、あるいは重要主題としているものが多くなっています。


バーバラ・タックマン (山室まりや 訳)
『八月の砲声』 上・下 筑摩書房 1965
<原著 Barbara W. Tuchman, The Guns of August, 1962>

第一次世界大戦の勃発に至った政治・外交・軍事の経緯と、勃発から約1ヵ月、マルヌ川の戦いでドイツの進軍が停止するまでの西部・東部・海上の各戦線での戦闘の経過、が本書のテーマです。

開戦史についての他の研究書、例えばジェームズ・ジョルの『第一次世界大戦の起原』と最も異なる点は、本書では政治・外交も扱われているものの、最大の特色として戦史に非常に詳しい、という点です。この理由から、本書を戦史の項に含めました。

著者バーバラ・タックマンは、ジャーナリスト出身のアメリカ人の歴史家で、本書は1963年のピューリッツアー賞作品とのことです(訳者あとがき)。

開戦史部分についていえば、英・仏・露と独の4ヵ国について非常に詳しく、他書にはない話もいろいろ出てくる点には高い価値があります。しかしこの4ヵ国にほぼ集中しており、オーストリアの状況にはほとんど触れられていない分には弱みがあります。

戦史部分については、マルヌ川の戦いに至るまでの戦闘についての事実の記述は非常に詳細です。とくにドイツ軍のベルギー侵攻や、アルザス・ロレーヌの独仏国境線での両軍の戦闘など、他書にはほとんど書かれていない戦闘も詳しく記述されている点に、大きな価値があります。また、それぞれの戦闘に関する地図もついていて、非常に分かりやすい記述になっています。

総合的に見て、第一次世界大戦の勃発に至った経緯と最初の1ヵ月ほどの戦闘経過を理解する上で、本書は、間違いなく非常に価値のある書の1冊である、と言えるように思います。

このウェブサイトでは、「第一次世界大戦の経過 − 1914年 @ シュリーフェン計画の実行と失敗」「同 − 1914年 A シュリーフェン計画の失敗の原因」のページで、本書からの要約引用を行っています。


マーチン・ファン・クレフェルト (佐藤佐三郎訳)
『補給戦−何が勝敗を決定するのか』
中公文庫 2006 (単行本 初刊 原書房 1980)
<原著 Martin van Creveld, Supplying War, 1977>

クレフェルト 補給戦 表紙写真

本書の著者のクレフェルトは、イスラエルの軍事史家です。

中公文庫版訳書の巻末には、石津朋之による 「マーチン・ファン・クレフェルトとその戦争観」という付論がついており、本書の解説の役割を果たすとともに、軍事史家としてのクレフェルトの基本的な戦争観を説明しています。

本書の主題は、「軍事史家によってしばしば無視」されている、軍隊への補給問題です。

16世紀中葉のスペインによる対オランダの反乱抑圧戦から始めて、とりわけ19世紀以降にページ数が大きく当てられ、ナポレオン戦争、プロイセンの普墺・普仏両戦争、第一次世界大戦のシュリーフェン計画、第2次世界大戦でのドイツの対ソ戦・ロンメルの北アフリカ作戦・連合軍のノルマンディ上陸作戦などでの軍事補給の実態が、具体的に論じられています。

著者は本書で、シュリーフェン計画失敗の主因は兵站問題であったとするリデル・ハートの指摘について、「彼の批判は兵站の問題に集中しているのだけれども、ドイツ軍の消費量や必要量を考えていないし、補給制度の組織について一言も述べていない」とコメントしています。

要するに、リデル・ハートのシュリーフェン計画批判は、兵站補給面に着眼した点は良かったが、定量的な分析や実行組織に対する具体的な考察が欠けているので、十分な論証になっているとはとても言えないと批判した、と解するのが妥当だと思います。本書の第4章は、まさしく、シュリーフェン計画の実行可能性についての、補給面からみた定量的・現実的な分析にあてられています。

第一次世界大戦の戦史を理解する上で、本書はきわめて高い価値がある、と思います。

このウェブサイトでは、「第一次世界大戦の経過 − 1914年 A シュリーフェン計画の失敗の原因」のページで、本書からの要約引用を行っています。


クリスティアン・ウォルマー (平岡緑 訳)
『鉄道と戦争の世界史』 中央公論新社 2013
<原著 Christian Wolmar, Engines of War - How Wars Were Won & Lost on the Railways, 2001>

著者のクリスティアン・ウォルマーは、鉄道史に詳しいイギリス人のジャーナリスト・著作家です(Wikipedia英語版)。

本書は冒頭で、鉄道が戦争に使われだすと戦争の様態が変化したが、軍が鉄道の貴重性を認識して使いこなすようになるまでには長い年月を要したと指摘、19世紀半ばから第二次世界大戦後にいたるまでの、軍による鉄道活用の状況と、その変化を記述しています。

第一次世界大戦での鉄道の活用状況は、本書の記述の中核的な部分でもあり、全10章のうち3章が充てられています。西部戦線のみならず、東部戦線やバルカン・中東にまで至る各地での、大戦期間中の交戦各国の鉄道利用の状況が詳述されています。

戦史の補足として、読む価値のある1冊だと思います。

このウェブサイトでは、「第一次世界大戦の経過 − 1914年 A シュリーフェン計画の失敗の原因」、および「同 − 1916年 @ ヴェルダンとブルシーロフ攻勢」のページで、本書からの要約引用を行っています。


三宅正樹・石津朋之・新谷卓・中島浩貴編著
『ドイツ史と戦争−「軍事史」と「戦争史」』 彩流社 2011

ドイツ軍事史に関する論文集であり、下記の論文が所収されています。

  • ドイツ統一戦争から第一次世界大戦 (中島浩貴)
  • 第一次世界大戦から第二次世界大戦 ―二つの総力戦とドイツ (望田幸男)
  • 冷戦―政治と戦争の転換 (新谷 卓)
  • リュヒェルとシャルンホルスト ― 転換期における啓蒙の軍人たち (鈴木直志)
  • モルトケとシュリーフェン (小堤 盾)
  • ルーデンドルフの戦争観 ― 「総力戦」と「戦争指導」という概念を中心に (石津朋之)
  • ドイツ陸軍―ドイツにおける「武装せる国民」の形成 (丸畠宏太)
  • ドイツ海軍―海軍の創設と世界展開 (大井知範)
  • ドイツの脅威―イギリス海軍から見た英独建艦競争 1898〜1918 年(矢吹啓)
  • ドイツ空軍の成立 ― ヴァルター・ヴェーファーと『航空戦要綱』の制定 (小堤盾)
  • ヤーコプ・メッケルと日本帝国陸軍 (大久保文彦)
  • コルマール・フォン・デア・ゴルツとオスマン帝国陸軍 (藤由順子)
  • アレクサンダー・フォン・ファルケンハウゼンと中華民国陸軍 (長谷川熙)

このウェブサイトでは、「第一次世界大戦が開戦に至った経緯 − 開戦前の各国軍隊の特質」のページでは上記のうち中島論文から、「第一次世界大戦の経過 − 1914年 A シュリーフェン計画の失敗の原因」のページでは小堤論文「モルトケとシュリーフェン」から、引いていますが、他にも参考になった論文が多数ありました。

価値の高い論文集であると思います。


石津朋之 「『シュリーフェン計画』論争をめぐる問題点」 2006
(防衛研究所 『戦史研究年報』 第9号 2006 所収)

防衛省防衛研究所の研究者である著者が、「シュリーフェン計画」に関わるさまざまな論点の整理を行った論文です。インターネット上で公開されています。

論点としては、@ 「シュリーフェン計画」の策定に至る東西両戦線を抱えたドイツの戦略問題、A「シュリーフェン計画」とは何かの定義問題、B「シュリーフェン計画」実行上の問題点、C「シュリーフェン計画」をめぐ政軍間の関係に関する問題、D「シュリーフェン計画」に関するその他の問題、という区分で整理されています。

論旨がいまひとつ明瞭とは言えないところはあるものの、シュリーフェン計画についてのさまざまな論点が記述された、読む価値の高い論文であると思います。

このウェブサイトでは、「第一次世界大戦の経過 − 1914年 A シュリーフェン計画の失敗の原因」のページで、本書からの要約引用を行っています。


守屋純 「シュリーフェン・プランと日独両国の参謀本部」
(持田幸男 編著 『近代日本とドイツ − 比較と関係の歴史学』 ミネルヴァ書房 2007年 第3章)

本論文は、シュリーフェン計画の成立過程と、その後の小モルトケによる修正の実態を概観することによって、そもそもシュリーフェン計画とは何かを考察するとともに、日本の参謀本部ではどのように評価されていたか、を論じています。

著者は、シュリーフェンによる計画の原案については、ベルギーの中立侵犯、東プロイセンへのロシア軍の侵入、イギリス軍の介入、フランス側による反撃の規模によっては生じうる支障など、すべて考慮されている、しかし、ドイツ側の都合だけを最優先し、他に執るべき方策がないとして、二正面作戦に突進していった点に、最大の問題があった、と評しています。

一方、小モルトケによる修正については、前任者の構想の欠陥が認識された一方、手直しによってもドイツ側の戦略計画が根本的にかかえる矛盾を解消することはできず、それを承知で1914年8月を迎えた、としています。

日本の参謀本部は、結局、もしシュリーフェン計画が原案の通りに実行されていたら、ドイツは戦争に勝っていただろうという判定を行い、現実の政治や外交、外部の事情などを顧慮しない独善性を引き継いでしまった、としています。

シュリーフェンによる原案の問題点の指摘には同意しますが、著者による小モルトケへの評価は、小モルトケによる修正の問題点の指摘が不足いていて、説得力が少し足りないように思われます。

この論文からは、本ウェブサイト中では引用等は行っていません。


軍事史学会編 『第一次世界大戦とその影響』 錦正社 2015

第一次世界大戦とその影響について、26編の論文と2編の書評が集められた論文集です。

論文の主題は、独英仏米の主要交戦国に関するもの、独仏ロ中の各国での研究動向、第一次大戦中の海戦・通商破壊戦に関するもの、第一次大戦後の日本の陸軍における大戦の影響に関するもの、などきわめて多岐にわたり、また最近の論文らしく細分化された内容となっています。

本ウェブサイトでは、本書に収録の論文のうち、吉田靖之 「第一次世界大戦における海上経済戦と RMS Lusitania の撃沈」から、「第一次世界大戦の経過 1915年A ガリポリ、東部戦線、その他の戦線」のページで、要約引用を行っています。


次は、リデル・ハートへの批判や論評に関するものについてです。


ページのトップに戻る

戻る前のページに 次のページに進む